運動パフォーマンス向上?筋トレに役立つクレアチンの働きについて

みなさんは、クレアチンという成分をご存知ですか?

クレアチンは、今や筋トレには欠かせない成分であると言ってよいでしょう。それではクレアチンとはいったいのようなもので、どのような働きを持つのか。ご紹介したいと思います。

クレアチンは体内に常にある?その働きは?

クレアチンは、肝臓や腎臓、膵臓によって作り出されるアミノ酸の一種で、体重70㎏の人の体に約120~140g程度存在すると言われています。

その働きは、リン酸塩と化合してエネルギーに変換されること。激しい運動をするときなどに、このクレアチンがエネルギーとなって、我々の体を支えてくれるのです。

クレアチンが不足することは、基本的にはありません。普通に生活しているぶんには、消費量は大体2g程度ですので、クレアチン不足により体調不良に、なんてことにはほんとんどならないのです。

しかし、ダイエットなどのために筋トレなどをしていると、消費量が増加するため、トレーニング中の方には、サプリメントなどによってクレアチンを補給することが推奨されるのです。

クレアチン単体では筋肉をつくれない?

クレアチンはあくまでも、エネルギーとして消費されるものでありますから、それ単体で筋肉をつくることはできません。

しかしクレアチンをサプリメントなどで補給すれば、身体能力・運動パフォーマンスの向上や、脳の疲労の軽減などの効果に期待が持てます。

つまり、今流行りのHMB系のサプリメントと併せてこのクレアチンを補給し、そのうえでトレーニングをすると、効率をアップできるわけですね。

最近は、このクレアチンを含む筋肉サプリも多くなってきています。たとえばメタルマッスルHMBディープチェンジクレアチンなどがそうです。

これらのサプリメントを飲めば、筋肉増強の助けとなるHMBとあわせて、クレアチンをも摂取することができます。

特に、あなたが今ハードなトレーニングをしているのであれば、クレアチンの配合された筋肉サプリを飲むのがおすすめです。運動パフォーマンスを向上させ、疲労感の回復に努めながら、効率的に体を鍛えることができます。

ちなみに、クレアチンは食物から摂取することはほとんどできません。生肉や生魚500gに約3gのクレアチンが含まれていますが、熱処理によって破壊されてしまうのです。生のものを500g食べるというのも難しいでしょうから、やはりサプリメントを飲んだほうがよいでしょう。

以上、クレアチンについて紹介いたしました。プロのアスリートの間でもクレアチンの摂取は常識となりつつあります。

みなさんもトレーニングをするときには、クレアチンをサプリメント等で補給するようにしましょう。