オススメ!キューサイの青汁に救われた!

数ある青汁商品の中で私自身が特に効果を感じ、人に薦めたいと思ったものが、「キューサイの青汁」です。

中高年の方なら一度は目にしたことのある「まずい〜〜もう一杯!」のCMが印象的な、青汁業界の老舗、今の青汁の元祖とも言える商品ではないでしょうか。

私がキューサイの青汁と出会ったのは今から20年以上前の中学生の頃でした。父親が健康オタクだったこともあり、家にはたくさんの健康食品や健康グッズがあり子供の頃からなんとなく健康を意識させられる生活をしていました。

そのような中、「キューサイの青汁」がすごく良い!という話を聞きつけた父親が早速パンフレットを取り寄せ、全国の利用者さん達の体験談や効果を読むうちにとにかく試してみようということになり商品を取り寄せました。

昔のことなので記憶がボンヤリしているのですが、今の青汁のように粉末を溶かすものではなく、青汁そのものが冷凍パックになっていて、それを解凍して飲むというものだったと思います。

一回分が一個ずつ冷凍されたものがまとめて届くので冷凍庫の中が青汁でいっぱいになっていたのを覚えています。当時中学生だった私はさほど興味もなく、真緑色の見るからにマズそうなものにあえて手を出す気は全くありませんでした。

そんな私でしたが、あることをキッカケに青汁を試すことになり、青汁に助けられるという体験をしたのです。

というのも、もともと神経質ところがあった私ですが、中学生という難しい時期に差し掛かった頃から思春期特有の肌荒れ、肥満に悩まされ、気にするあまりに体調までもおかしくなってしまったのです。

特に一番困ったのが、今で言うパニック障害?のような、突然襲ってくる吐き気やめまい、動悸で、学校の授業中に具合が悪くなったり、学校へ行く前に具合が悪くなり休んでしまったり、友達との遊びの途中で具合が悪くなって友達に迷惑をかけてしまうことでした。

何をするにも何処へ行くにも自分の体調が不安で思うように動けず暗い日々を送っている時に、たまたまキューサイの青汁のパンフレットが目に留まり、なんとなく読んでいるうちに、もしかしたら体調良くなるかな?くらいの気持ちで試してみることにしました。

一口飲んで、あまりのマズさに驚愕しましたが、健康になるためと思い我慢して、毎回一気飲みしました。続けていくうちにマズさにも慣れ、牛乳で割るなど飲みやすい方法を見つけてなんとか続けました。

しばらく続けていくうちに、あれ?そういえば最近気分悪くならない!と、自分の体調が良くなっていることに気づいたのです。

外出先でもどこでも、自分の体調を気にすることなく、元気に過ごせている自分にとてもびっくりしました。即効性はないにしろ、確実に体調が良くなったので、これは本物だと思います。

キューサイの青汁は市販されていないのでお手軽ではないかもしれませんし、お値段もリーズナブルではなかったような気がしますが、効果はあるのでおススメです。

青汁の年代別人気商品一覧