「VOD」知っておきたい注意点!デメリットって?

VOD知っておきたい

最近よく利用され、話題になっているのが動画配信サービス(以下、VOD)です。このVODのデメリットについてお話ししていきます。

VODはそのメリットの多さから普及を見せていますが、実はデメリットが存在します。

それは定額であること高速なネット環境が必要なことコンテンツが充実していない場合があることです。

定額であるということはメリットとして捉えられる場合も少なくありませんが、実はデメリットでもあります。例えば、月額2,000円で見放題だとしたら、毎日のように利用する方からすれば非常にお得な印象を受ける場合が多いのではないでしょうか。

しかし、週一回程度の利用だったり、長期間旅行や出張で利用する機会がゼロだったとしても月額料金を支払う必要が出てきます。そうなった場合かなりの損失になります。

また、最初は毎日のように見ている方でもだんだん飽きてくることが少なくありません。そして頻度が減ったとしても金額は同じです。このような見方をすると定額がむしろデメリットになってくることもあります。

高速なネット環境も必要です。スマホの4G通信ではあっという間に通信容量を超えてしまうような高画質なコンテンツが多いというのがかえってあだとなることもあります。

またモバイルwifiの通信速度でも若干もたつきや画質が粗くなるということも少なくありません。つまり、固定回線の光回線レベルでないと十分楽しめないということです。

最後がコンテンツです。最新ドラマの見逃し配信などメリットも多いのですが、そういったコンテンツを配信しているVODは映画の最新作が少ないと言った弱点を持っていたり、逆に映画のコンテンツが充実していても見逃し配信が未対応だったりするということもあります。

VODのサービスを行っている企業ごとに内容にばらつきがあり、映画も字幕ばかりというVODも少なくありません。

このようにVODの配信内容もきちんとチェックしなければ、デメリットだらけのVODと契約する羽目になりかねません。

VODは確かにメリットも多いですが、対照的にデメリットも多くあります。これらのデメリットを吟味したうえで自分に合ったVODを契約するのをおすすめします
人気のVODサービス12社を比較!人気ドラマも盛りだくさん!